初診医院の閉院、双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:男性、無職

傷病名:双極性感情障害

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

相談会にはお母様お一人で来社されました。相談者様のご子息様は、9年程前から気分の落ち込みがひどくなり、現在は「双極性感情障害」と診断され長く治療を続けられているとのことでした。

発病してから就労はするもののどれも長く続かず、現在は無職で自宅に引きこもり状態ということでした。継続的な就業が困難であったため、ご子息様の今後の生活への不安を抱えていらっしゃいました。

相談から請求までのサポート

ご本人はご自宅でほぼ寝たきりのような状態で手続きが難しいということで、お母様が窓口になって手続きを進めることになりました。

この案件では初診日の証明に苦労しました。9年前に、はじめて受診したA医院がすでに閉院していたため、まずは2番目のB医院で受診状況等証明書を取得しました。

B医院は、A医院の場所を引き継いで開院されていたため、ご本人は引き続きB医院へ通院をしていたのですが、全く別の医療機関であるため前医からのカルテは残っていないとのことでした。

そこで、A医院の診察券や領収書等、9年前に通院していたことを証明できる書類を持っているか確認しましたが、何もお持ちではないとのことでしたので、第三者に初診日頃の通院を証明してもらう方法をとることを考えました。

当時の担当医の名前を頼りに、医師にご連絡をしたところ、残念ながら記憶にないため証明はできないとの回答でした。しかし、A医院を閉院する際に、B医院へカルテを引き継いでいるはずだ、という情報を得ることができました。

再度、B医院へ問い合わせたところ、A医院の名前は記されていないが電子情報での記録はあることがわかりました。その記録の写しを「受診状況等証明書が添付できない申立書」の証明書類として添付し提出することができました。

お母様からは発病からの経緯と症状、日常生活状況や困っていることなど聞き取りを行い、「病歴・就労状況等申立書」を細かく記載しました。

結果

無事、無事障害基礎年金2級の支給決定がありました。

初診日証明のために、あきらめずに当時の担当医を探し、閉院当時の情報を得られたことで請求手続きまでたどり着くことができました。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金 無料 相談受付中! 086-441-2244 受付時間 平日9:00-18:00 無料相談会予約無料メール相談
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら
  • 簡単1分 受給判定
  • 初回相談0円 ご相談
  • アクセス